営業先で名刺を渡すマナー

マナーイズマナー

名刺入れは、使い勝手とステータス

まず、名刺を出すタイミングを考えてください。これは、初対面の会社関係での接見時です。つまり、どのような名刺入れを使っているのかというのは、意外と知られていません。初対面で必要なことは、清潔感と安心感で、財布から出して名刺を渡すなどと言うことは、この二つを相手に与えることはできません。よって、名刺入れは、すぐ出して渡せる、ブランド品などがよいのです。 また、使い勝手ですが、職種により変わる部分はありますが、多くは営業という一面を持っているため、名刺入れは、中で分かれているタイプが営業マンなどは、整理ができるものです。訪問営業を繰り返し名刺交換を行えば一つのところしかなければ、もらった名刺と、自分の名刺が混在してしまいます。このようなことのないよう、中で仕切りがあるものを使うべきで、さらに複数の仕切りがあり交換時に相手に見えないようになることも考慮されるべきです。このように二つの大きな側面を理解し、名刺入れを使うべきです。

Valuable information

リスト販売業者比較 | 法人・営業・企業リストをお探しの方必見

2018/7/5 更新


PAGE TOP

COPY RIGHT(C) マナーイズマナー ALL RIGHT RESERVED